価格について知る|紙袋とサイズの関係|安い費用で紙袋を作成する

紙袋とサイズの関係|安い費用で紙袋を作成する

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 価格について知る

価格について知る

看板

木製看板の金額や価格の傾向について

木製看板の金額は看板の種類や大きさ、材質、広告面に使用するシートの材質や加工方法、デザイン、設置場所や取り付け方法、看板工事にかかる時間や人数、配達する場所などによって異なってきます。そのため、木製看板を依頼するときには最初にどのような看板を造りたいのかを伝えて、見積書を出してもらうことが大切です。例えば木製看板の価格は大きさだかでなく、手掘りまたは、書き文字によっても違ってきます。横750ミリ×縦300ミリの手彫り看板だと、材料費込で16,000円前後ぐらいでありますし、彫らずに書き文字にすると安くなって1,3000円ぐらいになります。これは、あくまでお店によって違ってきますし、使用する木材によっても料金は違います。木材によってかなりの高額なる傾向があり、中には訳あり商品として安くなっているものもあります。

木製看板の歴史のはじまりと変遷

日本の看板が歴史に登場してくるのは奈良時代に入ってからです。その頃、商いをしていた店の標としてつけられた牒(ちょう)が標牒と呼ばれていて、文書を書き記した薄い木の札という意味になります。それから、平安時代になると暖簾が使われるようにあって、鎌倉時代には簡板(かんばん)と呼ばれる文字を記した竹や木の札が使用されるようになり、絵や文字も使われるようになりました。桃山時代には暖簾に屋号や商品の名前が入り始め、商標として強くなり現在の木製看板の原型もこの頃になります。明治時代になると産業革命によって、さまざまな素材が使用されるようなり、印刷技術も発達して多くの種類の看板が出来るようになりました。目的や場所によって使い分けたり、ロゴも文字表現のほかに画像やイラストと組み合わせたりしました。現在は、更に看板は変遷していますが、その中でも木製看板は昔ながらの素朴さを残している看板の一つといえます。